(火事注意)暖房器具をつかう電源タップにご用心

Pocket

ハッシンゲンのうたにげんき(@genkiutani)です。

ついこないだとっても怖い思いをしました。

この時期って当たり前のように暖房器具つかいますよね?

もちろん我が家もそうです。

子供たちがいれば石油ファンヒーターを使って部屋をムラなくあっためるんですけども、大人だけになると毛布とセラミックヒーターとかで寒さをしのぎます。

こういうやつですね。

すぐぬくもるんでとっても重宝するんですよ。

電気があればついてるので給油とかの必要ないですしね。

しかし、これをつなぐ電源タップに問題がありました。

一家に一個くらいこういう電源タップありませんか?

ONになってると電気がつくっていうやつです。

はじまりはこんなとこでした。

電源タップのスイッチ部分の電気がつかなくなって切り替えができなくなりました。

その後も使えるので使っていましたが、知らないうちに画像のように割れができてました。

その後なんだか部屋が焦げ臭いのでなんだろうと部屋を調べてみると・・。

こうなってました!

なんと割れてるスイッチの裏面が焦げてました!!

ズームにするとこれ。

なんだこりゃ!!マジでやべえええええ!

焦げて溶けてました!!!

どうやら壊れたタップのところにたくさん電気を使う暖房器具をつないだのがダメだったようです。

あと少しで家がもえるところでした・・・。

見ての通り木の家なので燃えるときはすぐですし(笑)

たくさん電気を使う暖房器具は壁のコンセントに直接さしてつかわないといけませんよ!

安い電源タップだとこげてしまう可能性がありますので要注意です!

まだまだ寒くて暖房をつかうので十分ご注意くださいね!

では、また読みにきんさいね~

twitter (@genkiutani)

instagram (genkiutani)

こちらもフォローしていただけるととってもよろこびます!!

スポンサーリンク
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告