中途半端にカッコつけるよりもビシッと決めたほうがガッコいいと思った

Pocket

ぶどう農家のうたにげんき(@genkiutani)です。

何気ない場面でハッと気が付いたことがあったので書き記します。

今日は次男の学校の体育祭に参加してきました。

そこでラジオ体操を保護者も参加で行ったのですが、ふと周りの人を見かけた時に気づきました。

「中途半端にカッコつけるよりもビシッと決めたほうがガッコいいと思った」ということを。

みんなで何かをやる場面の時というのはなんだか照れくさくなってしまうことってありませんか?

「こんなのを真面目にやっても・・・。」

「適当にやってりゃいいや・・・。」

なんてことを思って行動をしたことないですか?

僕はこれ良くあります。

なんか真面目にビシッと決めて物事をやるのって恥ずかしくてダサい気がしていたんです。

でも、これは全く逆でした!

ふと周りの人をみたときに、恥ずかしそうにダラダラしてると「ダサい」という事に気づきました。

本人的には照れ隠しなんだろうけども、これがとってもみっともない。

なので僕はそれをみて慌ててビシッと意識してラジオ体操しました。

自分の気持ちがとっても気持ちいいんですよ。

しっかり伸びてるところは伸びてるし、動きも良くなった気がしました。

ほんの些細な事なのかもしれないけども中途半端にやるよりもビシッとしっかり決めたほうが良いことに気づかされました。

他人の目なんかよりも自分に意識を持って行ってビシッと決めてやりましょう!

自分の中での気持ちよさというのは最高ですよ。

自分をビシッと決めることを心掛けてみましょう。

こういう所からカッコよさというのは出てくると思いますよ。

では、また。

こちらもフォローしていただけるととってもよろこびます!

twitter (@genkiutani)

instagram (genkiutani)

スポンサーリンク
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告