買う人の気持ち

Pocket

ども、ぶどう農家のうたにげんき(@genkiutani)です。

ものを買うという事において何を気にしますか?

そしてどうしたら買う気になりますか?

こんな事を考えさせられるような事があったので書きます。

今日は子供の習い事でとなりの出雲市まで行ったので待ってる間にショッピングモールへ行きました。

そこでの店員さんの勧誘の仕方がイラっとして腹立ちました。

いろんなものを勧誘される時って勧めるほうはいろんな事言ってくるじゃないですか。

ニコニコ近づいて来たり、子供にほほえんでみたり、あのてこの手でやって来ると思うんです。

当然自分も同じ立場ならそうします、やっぱり売りたいじゃないですか?

けども買う人の気持ちは考えます。

購入ものを消費してくれるのはお客さんですもん。

お客さんが使ってくれる様子を一緒に思い浮かべて提案できると買おうという気持ちが動くはずです。

気持ちが動かないと財布のひもは緩まないですよね。

そして、話を聞こうという気もなくなる。

今日はまさに気持ちの動かない勧誘でした(笑)

先日受けた震災をネタにして小馬鹿にしてみたり、1回目話しかけてきて、数分後にまた話しかけたときにさっき話しかけたこと忘れてたり。

都会みたいに人数がめちゃくちゃいれば仕方ないけども、田舎で数人しかいないのに…。

そんな感じの勧誘なのであまり人も寄り付かないですね。

売ってる物は良くてもそういう人からは買いたくなくなります。

やっぱりちゃんと売ってる人は気持ちもしっかり揺さぶりますもんね。

またぶどうを売る時の参考にしたいです。

食べる人の事を考えて売っていきたいです!

いろんなところでネタはあるというのがわかりました!

明日も気づいたこと書こうっと。

では、また。

こちらもフォローしていただけるととってもよろこびます!

twitter (@genkiutani)

instagram (genkiutani)

スポンサーリンク
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告