花火大会っていくらかかるのか調べてみた

うたにぶどう園三代目のうたにげんき(@genkiutani)です。

 

今日は住んでるところの近くで花火大会があったのでいってきました。

仁万という小さな町なんですが、毎年「ごいせ祭り」で花火をあげてくれるんです。

見ているところの近くで花火があがるので迫力あるし、人込みもないので子連れで行くのにいい花火大会なんです。

 

ふと見ていて思ったことがあって。

前にいったときよりも明らかに人の出が少ないんです。

前はもっと人があふれてた気がしたんですが、今日はガラガラな感じでした。

 

ほかの花火とかぶってたりしたのかなと思い調べたけども、かぶってない。

でも、人が少ない気がしました。

去年は2000人の人出があったみたいです。

 

こんなに少ない人出なのに毎年花火を上げるというのは大変な事だと思いました。

そこで花火って上げるのにいくらかかるのかな?って疑問が。

ちょこっと調べてみました。

ちなみに打ち上げた花火の数は2000発のようです。

 

花火の金額

ググってみたところ、ピンキリのようですね。

打ち上げる玉の大きさで金額が大きく変わるみたい。

 

やすいのは一発4000~5000円、高いのは一発80万円とはばが大分あります。

今回のごいせ祭りの初数は2000発。

5000円のやつをメインに構成したとしたら・・・

5000円×2000=1000万円

 

80万円の球で2000発打つと・・・

800000×2000=160000万円

とまあすんごい金額にw

 

大分幅がありますね。

でも、田舎の小さな町での花火大会なので出せても1500万~2500万の間かなと予想してます。

 

小さい町で花火大会をするのは大変

調べてみるとやっぱり花火大会はお金がかかるんですね。

大きな企業がないと黒字なんて出ないですね。

それでも花火大会をやってくれるのは、楽しみにしている住民がいるからなんだなと思います。

 

儲けようと思っても儲かるもんじゃないんですね。

ものすごい稼いでこういうことにお金が出せるようにしたいです。

とりあえず、今の段階では全然無理ですが(笑)

 

よっし、また明日からがんぼろう!

 

 

では、また。

こちらもフォローしていただけるととってもよろこびます!

twitter (@genkiutani)

instagram (genkiutani)


スポンサーリンク
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告