島根県安来市の観光ぶどう園にいってきました、「足立ぶどう園」編

うたにぶどう園三代目のうたにげんき(@genkiutani)です。

 

島根県安来市の「足立ぶどう園」さんに見学に行ってきました。

同じぶどうを販売する同業者さんですが、今後のぶどうを生産販売していくうえで何かヒントが得られたらと思い見学させていただきに行きました。

 

なぜここのぶどう園に行ったのかというと、多品種のぶどうを減農薬で作っておられるからです。

このあたりはうちの園と似ているんですよ。

うちの園も多品種で、減農薬の栽培方法です。

 

けど、立地条件が違うのでやり方や、している工夫は違います。

そうなるとお話を聞いたときに面白いお話が聞けるんです。

 

足立ぶどう園さんは立地が安来の山をのぼったところにあるので冬場雪が結構つもるらしいのです。

なので毎年ハウスのビニールははがないといけないし、イノシシ対策もしないといけないと言われました。

でも、夏場の夜の温度が下がりやすいのでぶどうの着色や甘みがほかの安来の園よりも増しやすいとのこと。

特に今年のように激熱な夏だと夜の温度が下がるというのは超重要です。

 

同じ県内なんですけども、立地によって様々です。

そうなると出来上がるぶどうの味も様々。

今店頭に並んでいるぶどうは農家を取り巻く環境と個性の凝縮したものですね。

 

栽培しておられる品種の中には「ジーコ」って品種も。

ブラジルの元サッカー選手の名前そのものですけどもw

 

知らない品種は、ぶどう農家でもまだまだありますのでおもしろいです!

またほかの園にも見学に行かせていただこうと思います。

 

 

場所

場所は島根県安来市にあります。

島根県の主要な道路9号線からは結構はいったところにあります。

道は整備されていますので行きやすいです。

グーグルマップのナビで行けますんでぶどう狩りがしたい方は行ってみては?

 

では、また。

こちらもフォローしていただけるととってもよろこびます!

twitter (@genkiutani)

instagram (genkiutani)


スポンサーリンク
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告