知らない方に会うというのは刺激がもらえます。

Pocket

ハッシンゲンのうたにげんき(@genkiutani)です。

普段接点のない知らない方たちと会うととっても刺激になるなという話。

今日は東京の方のとあるスーパーのバイヤーさんと会うことがありました。

そう、バイヤーっていうのは商品を買い付けてくる人ですね。

普段スーパーとかで買っているすべての商品にバイヤーさんはいて、店頭に置く商品をセレクトしてるんです。

うちの実家はぶどう農家なんですが、そこに東京の方のスーパーのバイヤーさんが来られたのでお話を聞いてきました。

と、いっても話してたのはうちの父親がメインで、ほんのすこーし会話を交わしただけであとは話をきいてただけですけどね(笑)

僕はこういう時に話を聞きこんで考え込んでしまうんであんまりしゃべれないんです(笑)

「そうか~、ならこれならどうかなー?」って考えちゃうんです。

こんな時うちの妻はするどい質問するのでバイヤーさんもビックリしてました。

スゴイぞ、うちの妻!!

そのスキルは僕にはないのでちょっとわけてほしい・・。

その場でどんどん発言ができるようにトレーニングせねばな・・。

そんで、いろんな話を聞いていくうちに遠い都会でどんな市場になっているのかってのを聞かせてもらえました。

生産者は生産するので精一杯なので売ってる現場までなかなか見にいけれないんですよね。

忙しい出荷の時期が終わると他の農園も出荷が終わってしまって店頭から商品が消えますしね。

暇になってからじゃ遅いんですよね・・しかし、いける時間もないし。

なので、こういう方の話を聞くといろんな刺激を受けます。

ほかにも教習所で仕事してても、遊んでいても、飲みに出ていても、刺激を受ける人はいっぱいいます。

年老いてるとか、若いとかもあんま関係ないですね。

面白い人はいろんな刺激をくれます!

あとは自分がそれをどう受け止めるかですよね。

「そんなん無理っしょ!?」とかネガティブなイメージをいきなりもつのではなく、まずはちゃんと全部受け止めましょう。

それから精査すればいいと思います。

必要なものなら取り入れるし、いらなかったら捨てればオッケー!

そうすると日常のいろんな会話がヒントになるはず。

案外意外なところにヒントって眠ってたりしませんか?

チャンスはいつ来るかわかんないんで逃さないようにしましょ(笑)

さ、ビアのんだんで寝ます!

では、あしたもハッシンゲン。

twitter (@genkiutani)

instagram (genkiutani)

こちらも更新中、フォローお願いします。

スポンサーリンク
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ハッシンゲンのレクタングル(大)広告