何かをわかろうと思ったら、やっぱり回数こなさないとダメ

うたにぶどう園
スポンサーリンク

ども、ぶどう農家のうたにげんき(@genkiutani)です。

 

今日でゴールデンウィークが終わりましたね。

昨日のブログにも書いている通りずっと仕事してますよ。

連日のぶどうの花切りです!

 

今日は花をたくさん切りまくったら気付いたことがあったので書き記します。

いっぱい切りまくったらまじまじ見れる余裕が生まれた

ぶどうの花はいっぱい花をつけるんですよ。

ぶどうの作業で腕をあげすぎて肩がパンパンなのでほぐす方法をググってやってみた。

この記事のなかでぶどうの花の画像を入れたのですが、とにかくたくさん花をつけるんですよ。

 

なのでわさーっと咲いてますのであんまりまじまじ見る気になれないんですよ。

花をまじまじ見てる暇がなかったりするので素早くチョキチョキ切っていきます。

でも、たくさん数をこなすと余裕ができてくるんですよ。

 

そうなると、結構花のことがみれてくるんですよ。

花の開き具合、堅さ、香り、花の伸び方。こんなとこまで見ながらすばやく切れるようになりました。

そこでハッと気が付きました。

 

何かを発見しようと思ったら数をこなそう

新しい発見とか気付きを得るためには、数をこなすというのがとっても大事というのに気づきました!

これは、やらされてると気づかないもんなのですよ。

やらされると試行錯誤をしなくなりますもんね。

 

自分の中で、こうしたらいいかな?これならどうかな?と数をこなしていくうちにコツがつかめて余裕ができてきます。

そうなると、また新しい気づきがあったり新しいスキルを覚えたりできると思います。

僕みたいな特にスキルのない人はひとより数をこなしていかないとダメだなってことも気づけました!

 

このブログもいつか誰かのためになれるブログになるように頑張って続けます!

誰かにとって価値のあるブログになりますように。

 

 

では、また。

こちらもフォローしていただけるととってもよろこびます!

twitter (@genkiutani)

instagram (genkiutani)

コメント