ぶどうにかけてた「カサ」をそうじしてます

うたにぶどう園
スポンサーリンク

うたにぶどう園の三代目うたにげんき(genkiutani)です。

ぶどうの出荷ががほぼ片付いて以降、ここ最近は農大で研修に行かせてもらってます。

同じ地域にあるのでぶどうの熟れかたも、なくなるタイミングも大抵同じなのです。

こういう時は、「終わったイエーイ!」で投げっぱなしにせずに来年の準備が始まります。

その作業の一つが「カサのそうじ」。

実はぶどうには一つ一つの房に「カサ」や「袋」をかけます。

理由はいろいろありますが、虫からぶどうを守ったり、日光から守ったりするためです。

シーズンが終わるとこのカサをせっせと片付けます。

本当に単純作業で、黙々ととやるんですよ。

僕はこういう作業は好きなのでどんどんやれます(笑)

ラジオ聞いたり、音楽聴いたりインプットしながら手が動かせるんですよ(笑)

頭の中で物事の整理を整理をしたい時なんかはおススメです!

整理のみをすると眠気が来たり、煮詰まりすぎたりしますしね。

適度に散らすといい気がします。

ファミレスで勉強するとかと似てますかね?

あのザワザワした空間で勉強すると意外に集中できるってことに似てるとおもいます。

こんなことをしながら来季の準備と戦略を寝るんですよ!

めんどくさい単純作業も目線を変えると面白くできます!

頭は柔らかく視点は幅広く使いましょう!

では、また。 こちらもフォローしていただけるととってもよろこびます! twitter (genkiutani) instagram (genkiutani)

コメント