ブラックフライデーはなんでやってて、どこの店がセールをしてるのか気になったんで調べてみました。

うたにぶどう園
スポンサーリンク

こんにちは、ウタゲン(@genkiutani)です。

 

子守をしながら何気にTVから聞こえてきた「ブラックフライデー」の言葉。

ここ数年そういえば聞くんですがお店がセールしてることってくらいしか知らないんです。

というわけでなんで始まったのかから書いていきます。

 

スポンサーリンク

ブラックフライデーの始まり

アメリカで始まったことですね、Wikipediaにはこうありました。

1961年ごろからフィラデルフィアで始まり、1975年にはかなり広まった比較的新しい言葉で、当日は買い物客で道路が混むことからそう呼ばれている。名付けたのはフィラデルフィアの警察で、人が外に溢れて仕事が増えるために「真っ暗な金曜日」と呼んだことがきっかけとされる。当初、小売店などはこの言葉に不快感を示して「ビッグフライデー」という言葉を作ったが、一般には「ブラックフライデー」で広まった。その後、フィラデルフィアの新聞が「小売業者が儲かり黒字になる」という解釈を発表してからは、良い意味で使われるようになった[4]。  wikipediaから引用

そういう背景があって始まったんですね。

 

ブラックフライデーはいつ?

肝心のブラックフライデーは11月の4週目の金曜日。

そこから数日はセール期間があるようですね。

なんでかというと、アメリカではブラックフライデーの前の日の木曜日は感謝祭なんですよ。

その感謝祭で余ったものや在庫をセールするために始まったようです。

 

日本人にピンとこないのは感謝祭がないんですよ。

だからなんでセールなのかがわからないんですw

僕も調べるまでは知らなかった・・・。

 

セールで買う多くの人が「なんか知らんけどセールだしやすいから買おうぜ!」という人なんじゃないかな?

マスコミや店舗でセールしてることを認知してもらってをお客さんにアピールして買ってもらう感じだと思います。

 

それで、ブラックフライデーはどこでやってるの?

やっている企業さんは

・イオン

・コストコ

・GAP

・H&M

・ユニクロ ← 誕生感謝祭

などのとこがやられている店舗でしょうか?

 

個人的には無印良品好きなんですがやってないっぽいですね。

10%オフになる良品週間があるしアメリカあんまり関係ないからですかね?

僕はよく利用するんですが。

 

日本でブラックフライデーをやる意味あいは?

やる意味合いとしては、年末商戦をまえにカネとモノが動かなくなる11月の消費を促すためといわれています。

確かに年末年始は、カネを結構使いますしモノも動くでしょうからね。

そうなると11月は出費を抑えたいところ。

 

ここでドカーンとセールを打ち出すことで年末までのつなぎにしたい感じですね。

すごい安いと買ってしまいますよね。

 

通販サイトのamazonなんかはサイバーマンデーというセールを行います。

12月7日の18:00からです。

買いたいものがある方はこれもチェックするといいですよ!

 

まとめ

というわけで、ブラックフライデーを調べてみました。

日本ではまだまだ歴史の浅いセールなんですね。

しっかり、カネとモノをうごかすとみんな潤うんでいいと思います!

貯めててもしょうがないので消費して、カネを回しましょう~

 

それでは、また。

こちらもフォローしていただけるととってもよろこびます!

ウタゲンのtwitter (@genkiutani)

ウタゲンinstagram (genkiutani)

ウタゲンfacebook (宇谷元希)

 

 

コメント