「ハンドオーガ」という農業機械を動かすのを見学してきました

うたにぶどう園
スポンサーリンク

こんにちは、ウタゲン(@genkiutani)です。

今日は聞きなれないアイテムのテストを生で見れました。

穴を掘る機械ですね。手動でも掘るのがあるみたいですが今日はエンジン付きでした。

 

名前は「ハンドオーガ

このオーガって名前がいいっすよね(笑)

オーガって出ると刃牙の範馬勇次郎しか出てきませんけどね!

 

詳しくはグラップラー刃牙を読んでください(笑)地上最強の男です。

 

で、実際のものはどれかというと。Amazonに売ってなかったので画像検索結果でどうぞ!

ハンドオーガー画像検索結果

 

先にドリルがついてて、ぐるぐる回りながら穴を掘っていく道具です!

今まで生きてきて、うちのぶどう園では使ってこなかった機械です。

 

うちの近くのぶどう農家さんたちはこれを使って土に堆肥を入れるらしいのです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、上から見るとこんな風になるみたい。

真ん中の樹がぶどうの樹で、外側の点線の円上にこのハンドオーガで穴をあけてくんです。

その開いた穴の中に堆肥を入れてくんです。

 

うちの園ではこれを使ったことがないので興味ビンビンです。

刈り払い機と同じくらいの排気量のエンジンでドリルを回して地中を掘ります!

地中に異物とか樹の根があると止まってくれるとのこと。

 

今日は実際に目の前で農業普及員さんがやってたのでみたんですけど、止まったりはしてなかったなぁ・・・。

とっちかっていうと人が力にあまされてた気が。

自分でトライしてみればよかったのですが、普及員さんが農家さんにハンドオーガをもっていく時間だったみたいでできませんでした。

 

こんな感じで掘っていくようですね。

 

これを使う利点は太い根っこを切らずに穴が掘れるってことなんですよ。

うちの近くのシャインマスカット農家さんはこれを愛用して堆肥をいれてるとのこと。

太い根は切らずに細かい根を切って新しい細根を生やすみたいですね。

 

太い根を切らないってのがいいところって言っておられました。

今シーズンは使わないかもしれませんが、今後考えていきたいですね。

 

まだまだ知らない機械がいっぱいあって面白いです!

全部を使うわけではないですが、面白そうなのはつかってみたいですね!

 

それでは、また。

こちらもフォローしていただけるととってもよろこびます!

ウタゲンのtwitter (@genkiutani)

ウタゲンinstagram (genkiutani)

ウタゲンfacebook (宇谷元希)

 

コメント