草刈りのコツと、乗りながら刈れる草刈り機について書いてみたよ。

うたにぶどう園
スポンサーリンク

うたにぶどう園三代目のうたにげんき(@genkiutani)です。

 

一年中がんばって伸びている雑草。

時には有用なんですが、大抵はいらないんですよね。

これを管理してやらないと、虫が居着くことになります。

 

ちゃんと管理してやれば、見た目もよくなりますし虫とか蛇を居着きにくくできます。

うちの近くではマムシがでるみたいなので刈っておかんとマムシ来るでと言われました。

そこで草を刈るときに気づいたコツや、乗用の草刈り機について書こうと思います。

 

スポンサーリンク

草刈りする準備

まずは服装ですが、長そで長ズボンが基本です。

虫たちが住んでるところを刈りながら進んでいくので虫の反撃は必至です!

個人的にはこれがあるといいです。

 

藪の中を刈っていくと蚊が飛んできたときに耳元に来るとものすごいイライラして邪魔なんですよ!!

これなら蚊が顔周りによってこないですしね、気にせず刈ることができます。

万が一スズメバチにあっても顔周りにを一時的に寄せ付けないことができそうです。

 

蚊帳が嫌な人はこういうゴーグルだけでもしたほうがいいです。

草刈り機を使うと結構、小石が飛んでくるんです。

万が一目に飛んで来たら超痛いってだけじゃなくて失明することもありますし。

汗かく時期には見えにくくなりますが、せめてゴーグルだけでもつけるといいです。

 

それと、防振グローブ。

長い時間草刈り機で刈り続けると手がしびれたようになるんですよ。

それを防ぐのが「防振グローブ」です。

ってもなにかっていうと、クローブの握る面にクッション材があるっていうものですね。

薄い手袋よりも、これだと震えをおさえる効果がありますので使ってみてください。

 

 

草刈り機の種類

基本的にはこんなやつです。

ホームセンターとかにも置いてあります。

ほとんどが燃料式になってまして、ガソリンとオイルを混合したもの「混合油」というのを使います。

 

ガソリンスタンドとかでも混合油は売ってくれますが、自分で作ったほうが早いです。

オイルもホームセンターとかで売ってますしね。

あとはガソリンスタンドでガソリン携行缶にガソリンを入れてもらって帰ってきて必要な時に混合して使います。

こんなやつですね。

 

家が密集していて燃料エンジンの草刈り機が使えないところでは充電式があるのでそちらがいいですよ。

 

 

見た目は一緒です。

一つ難点があって駆動時間が短いのと重いってことです。

僕の使ったことあるやつだとフルパワーで大体30分くらいの稼働でしょうか。

重さはエンジン式のものよりもバッテリー分は重いです。

 

けど、家が密集してる、早朝じゃないと刈る暇がないという方には充電式がベストです。

充電式は音が静か、燃料のにおいがしないのがメリットなんです!

「シュイイイーン」って刃が回る音しかしません。

 

これなら早朝でも近所に迷惑をかけずにバンバン刈れます。

バッテリーの持ちが短いですが、予備バッテリーを用意すれば問題ないと思います。

けどバッテリーが高いのでそのへんはご注意を。

 

刃の種類

刃もいろいろありますが、主に使うのはチップソーとナイロンコードこの二点でいいと思います。

 

これがチップソーで

これがナイロンコードです。

 

チップソーは刃先がチップになってましてそこが回転して切ってくれるやつです。

なんとなくイメージわきますよね。

こんな感じです。

 

ナイロンコードはひもが回転して切ってくれるものですね。

これは凸凹したところとか刃が入れにくいところで効果を発揮します。

凹凸に細かく合わせれるので刈った後の見た目がきれいです。

 

しかし、・・・。

刈ってるときに問題が。

ひもを高速回転でぶん回して草を刈っていくので周りに飛び散りやすいんです。

動画はこちらを参考に。

 

草が短いときとか際をやるときにはオススメです!

刈った後の見た目がマジできれいです。

 

飛び散りには

これ必須です。

汚れてもいいやって人ならいいですけど(笑)

草の緑の汁がガンガン飛んでくるのでこれがあったほうが絶対いいです。

 

あとゴーグルはもちろん必須です!

チップソーよりも飛んできます!

当たると超痛いです。

なんなら、サバイバルゲームようのマスクがあってもいいと思います。

 

 

これあれば、小石がほっぺにあたっても怖くないです(笑)

 

草刈りのコツ

コツですが、

・刈る前にどこから刈ったら最後に処理が楽にできるか考える。

・欲張って一度にいっぱいに振って刈らない

・刃を斜めに倒して刈る

 

この3つかなと思います。

 

・刈る前にどこから刈ったら最後に処理が楽にできるか考える。

まずはこれですが、最後に刈った草をどう処理するのか考えてから刈りましょう!

実は自分自身ががこれが一番できてないので書きました(笑)

 

草刈りをはじめると集中してしまってガンガン刈ってしまうんですよ。

ガンガン行き過ぎた結果・・・お隣さんのレモンの若木をチョイーンと伐採してしまったことがあります・・・。

ですので、しっかり準備をしてどこまで刈るのか、最後どう処理するのかここまで考えてください。

 

無計画に刈りすぎてしまうととっ散らかった草を集めたり処理するのがとても大変です。

 

・欲張って一度にいっぱい振って刈らない。

これも上で書いたことと同じで草がとっ散らかってしまいます。

とっ散らかると刈り切った感がでて気持ち的にはいいのですが、刈り残しが出やすくなります。

1メートルくらいの幅で、小刻みにステップしながらかると綺麗に刈れます。

 

・刃を斜めに倒して刈る

刃を斜めにしてやると、刈りながら草を集めることができます。

刈った後を見ると綺麗に左のほうによってるようになります。

 

これが綺麗にできると手刈りなんですが、きれいな刈り後になります。

綺麗に刈れると刈り残しがわかりやすいですしね。

これを知る前はじめんと刃を平行にしてかってたのでうまく集まらず刈り残しも結構ありました。

 

以上が手で刈るときのコツです。

 

乗りながら草刈りができる草刈り機

今はとっても便利なものがあって車のように乗って草刈りができるものがあるんですよ。

この辺は大きな土地の草を刈るのに必要なマシンです。

なので一般の家庭ではあまり必要はない気がしますがあると便利です。

 

こういうゴーカートみたいなサイズのマシンで、座るシートの下の開店する刃で草を刈ります。

うちのぶどう園にもこういう乗用の草刈り機があるのですが、広い面積をするのならこれは必須マシンです。

 

草を刈りながら粉砕までしてくれますので、そのまま肥料になります。

除草剤を使わなくても広い面積の草がかれるのでとても重宝しています。

 

注意点は走るところが砂だとタイヤが砂に取られて走れなくなってしまうことがあるんですよ。

うちの園でも過去何度かこれで走れなくなってトラクターとかで引き揚げたことがあります。

4WDで動かすことができるのですが、それでもダメな時はダメですからね。

 

あとは地面に異物があるとそれも粉砕していきますので、そこは気を付けたいです。

ひもやワイヤーがあっても巻き付いてしまって、故障の原因になります。

 

と、路面に落ちているものは気を付けないといけませんが、便利だし体が楽です!

価格は中古の軽自動車くらいしますが、いい仕事してくれると思います!

 

最後に

いかがでしたか?

草刈りについていろいろ書いてみました。

簡単な仕事そうで結構奥が深いんですよ。

手刈りからでもぜひトライしてみてください。

 

これからは、草刈りも自動でやってくれる時代が来そうなので人がやることが

無くなるかもしれませんが、まだまだやらなきゃいけないです!

ケガにきをつけてやりましょう!

 

では、また。

こちらもフォローしていただけるととってもよろこびます!

twitter (@genkiutani)

instagram (genkiutani)

コメント