物事を一通りやってみると自信がつくよなという話から深掘りする

スポンサーリンク

物事を断片的にこなしたのと、一通り通してこなしたの、僕は一通り通してやってみる方が自信がつくし経験値も多く入ると思っています。

今までにやってきたことを思い返すと、ほとんどがそうなってる。

その一通りやるという動きのレベルはあんまり関係無くて、一通りこなすと見通しが立てれるようになるんです。

見通しが立つと今度は疑問が出てくる。

「こうやって一通りやったけども、こうしたらどうだろう?」

「そもそもこの見通し自体どうなんだろう?」

こういったことが出てくると思うんです。

そうしたら今度は思いついたことを行動してみる。

そしてまた気づいたことを気に留めて行動を変化させる。

おや、これは上手くPDCA回せてるじゃないか!となるんです。

逆にいうとそうしないとPDCA回せないのですよね。

目の前のことに集中してこなすってのは苦手。

「これがなんになるんだろう?」と思ってしまうと身が入らない。

新しいものを作り出すのは苦手なんですよね。

新しいものは見通しなんて立ちませんよね。

だってそれまで存在する物や事よりも違うものですもの。

こういう新しいことを生み出すのには目の前に集中しまくるってことをしないと出来ない気がするんですよね。

ハマりまくった先に新しい発見が見える気がするんです。

文章をなんとなく書いていって自分に中に整理がついてきました。

書き出すことはいいこと。

また明日からも頑張ろうっと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました