自信がないのは努力が足らんのをはあちゅう本で学ぶ

スポンサーリンク

連休とかも全然関係なく仕事しておりました。

仕事のパートナーがぶどうの樹なので休みの日は無いのです(笑)

そんな中、オーディオブックで本を聴きながら作業してます。

ずっと音楽聴きながらやってたんですけども、同じ聴くなら本読んだらいいんじゃないかと思いましてやるようになりました。

そこで気になった事を書きます。

自信がないのは努力が足らんという話

オーディオブックの中ではあちゅうさんの本があるのです。

「半径5メートルの野望」という本です。

これ前にKindle Unlimitedの読み放題で読んだ気がするんですけど…。

全然記憶に残ってないんですよ。

改めて聴きなおしてみるとぐっと来ることが書いてありました。

「自信がないというのは努力が足りない」の一文。

確かに。

去年から農業にチャレンジして自信ないことだらけでオドオドしてまるのですが。

単に向き合って努力が足らないみたいでした。

畑に行く頻度、ハウスの中の様子を見る頻度、樹の様子を見る頻度、土の様子を見る頻度。

去年を振り返ってみると足らないものばかりですね。

今年になって毎日畑にいって毎日様子を見てると細かい変化にも気づけるようになって来ました。

そうすると自信がすこしですけど出てくるんです。

様子を話す時にも具体的に言えるし、迷うことも少なくなったきがします。

少し努力するだけでも変化があるのでもっと努力するともっと変化があると思うんです。

変わっていくことはやっぱり嬉しい。

そしてそこが自信になると思うんです。

自信ってのはドーンと出るもんではなくて積み上げないとできないもんなんですね。

また一つレベルが上がりました。

こうやってコツコツ上がっていこうと思います。

耳で本を読見たい方はこちらからどうぞ。

スキマ時間やなんかしながらでも読めるのでおススメです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました