久しぶりの都会で人の多さに圧倒されながらも気づいた点

忘備録
スポンサーリンク

うたにぶどう園三代目のうたにげんき(@genkiutani)です。

 

少し前に大阪に久しぶりに行ってきました。

一年ぶりですかね。

とにかく人多っ!!

 

金曜日の夜だから余計になのかはわかりませんが、人だらけな印象でした。

普段僕が人と接する事が少ないんで僕の感じ方が敏感なのでしょうか!?

 

梅田の駅のホームで電車待ちの時にしばらく周りを見回しました。

いろんな人がいるんですよ。

男性女性はもちろん、容姿の違いもある、国籍が違ったり多種多様。

 

そんな沢山の人を見ながら気づいたことがあります。

人がたくさんいるということはモノの見方もそれだけあるという事。

それに対してこっちに全部振り向かせるのは無理という事にハッと気づきました。

 

冷静になればそんなん当たり前なんでしょうけども、モノを売るという商売をしていると合わせないとダメなのかと思ってしまう事があります。

大きな力とかお金を持っていればできるんでしょうが、僕にはそんなもんありません。

なので、少しでもこっちのほうを向いて頂ける人にたしてアクションをとろう!と思いました。

 

普段は人との接触が少ないのでなかなか気づけないんですが、目の前で大勢の人を観察してみる事で再発見しました。

普段と違う所とか違うことをしてみるというのはいい刺激になるんだなと実感しました。

それだけでも大阪に足を運んだ意味がありました!

 

みなさんも普段と違う行動をとってみて少し考えてみましょう。

いつもと違ったものの見方ができるかも?

 

では、また。

こちらもフォローしていただけるととってもよろこびます!

twitter (@genkiutani)

instagram (genkiutani)

コメント