農業のやりかたなんて人それぞれ、自分にあったものをやる

うたにぶどう園
スポンサーリンク

うたにぶどう園三代目のうたにげんき(@genkiutani)です。

農大の研修の一環で浜田市の2件の農家さんを見学させてもらいました。

やり方と思いがいろいろあるというのを再確認しました。

 

無農薬でオーガニックな方向にいく人もおられれば、その逆の方向に行く人もおられる。

大量に引き取ってくれる市場出荷に力を入れる人もおられれば、個人のお客様に力を入れておられる人もおられる。

 

理由とやり方はいろいろ。

そうなるとできる作物もいろいろ。

できた農作物はその人そのものといっていい。

 

いいものができれば、作った人がよくなるようにお世話してる。

悪いものができれば、作った人が手を抜いてる。

天候の変化とかいろいろありますが、農作物自体はいいものを作ろうと努力してくれます。

 

あとはお世話する農家のやり方と思い次第なんですよ。

僕は「つぎつぎ手を伸ばしたくなるぶどう」が作りたいんです。

せっかく食べ物つくってるので、たくさん食べてほしいです。

 

綺麗な形よりも味です。

食べ物だもの。

美味いがいいに決まってる。

 

美味いぶどうを作ることにワクワクしてるので、そこを大事にします。

聞きなれない品種もあるけど、うまいと思ったから植えてます。

 

よし、またがんばろう!!

 

では、また。

こちらもフォローしていただけるととってもよろこびます!

twitter (@genkiutani)

instagram (genkiutani)

コメント